2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.05 (Sun)

2000シリーズ第6弾「きたさいたま2000」の考察。

ちょっと変わった2000シリーズ。というか私は2000シリーズとはかけ離れている気がしてなりません。まぁ「2000」がつくので、シリーズの仲間には入るのだろうけど、
・・・曲名6文字だし
・・・譜面無茶苦茶だし
・・・七代目にはごく普通に収録されてるし
なので、きっときたさいたま2000は2000シリーズであって2000シリーズではない孤高の存在なのだと、私は信じております。現に2000シリーズは『4音節+2000』の公式で成り立ってるし「平仮名→片仮名→漢字→平仮名…」といった風なパターンらしいですし、それを考えるとやはりきたさいたま2000は正式な2000シリーズか?って問われるとちょっと難しい。七代目にて隠し曲になることなく普通の収録曲として収録されているところを見ると、おそらくきたさいたま2000は別物として見ても罪にはならないでしょうw そして七代目の隠し曲には十露盤2000が入ることを期待w そして贅沢を言えば、新しい2000シリーズが入ることを期(ry  ・・・と話がなんとなく反れてるし;曲考察だけでなく、譜面考察も交えていってみたいと思います。

出だしは「カッ___カッ_ドン_カッ___カッ_ドン」と普通に穏やか。しかしそのまま穏やかに続けばいいものを・・・「ドン___ドン___ドン_ドン_ドン_ドン_ドンドンドンドンドンドンドンドン ド ド ド ド ド ド ド ド ドドドドドドドドドドドドドドド」と、うわうわうわうわ!!とだんだん曲者になっていきます。この時すでにコンボが切れることも(ぇ  しかし私は出だしの曲調が好きです。電波がビシビシと飛んでくる予兆、、どこかの都会にいるような、または異世界にいるような、そんな感じを漂わせる出だしの曲調が私は好きです。辺りを見回せど周りは高層ビルが連なり、逃げ場のなくなった自分。都会の恐怖に囲まれ・・・しかし周りは鳥肌が立つほど静かな・・・車も通らず、人も通らず、ただ静けさだけが漂う白と黒のモノトーン調の都会。通常ではありえない都会の風貌。高層ビルに見下される私はただ、周りを見渡し途方に暮れる他なかった・・・・・
・・・みたいな?(妄想終了) うわぁ;私の脳内思考、いい加減にしろよ(´Д`#)爆  かなり考えすぎかも。でも私はそんな感じがします。出だしのイントロは、都会なのに静まり返った感じ、みたいな曲調に聞こえてきます。そして「さっいたま!」と静けさも賑わいに変わり、埼玉県の北埼玉郡の名前を言い出します。ここで聞き取れるのは北川辺町のみ(爆  まだいっぱい言ってるのに私は分からない。もうちょっと埼玉を勉強しなくちゃなw そして中盤には、カッがメインの一時休息な譜面。本当に一時休息になるのかはさておき、拍子ごとに“ピッ”という電子音的な効果音が聞こえてきます。うわぁ、こういうの聞くとますます「私は電波ソングですが何か?」ってきたさいたま2000さんの声が聞こえてくるような気がしてならない(意味不  電波がPSPから飛び出してきそうです。周りの電気機器に障害を与えてしまいそうな気がしてn(ry
そしてゴーゴータイムに差し掛かると譜面も更に凶悪となり、初心者さまが見たら絶対ドン(赤)とカッ(青)の色が混じって見えるんじゃないかっていうくらい速いです。しかし曲で言えば私はゴーゴータイムのところも好きです。静かだった、すべてが眠っていた都会が目を覚まし、生命活動を始める。まるで静寂が流れる学校に生徒たちが登校し始めた学校のように、それは賑わいを増していく。
終盤になるにつれ、譜面もさらに凶悪さを露わにする。どんちゃんが「510コンボ!」と10コンボ毎に吹きだしで教えてくれますが、終盤はそれがとんでもないことに。凶悪かつ太鼓譜面としては終わってる状態の複合譜面が襲ってくる。あのカッの配置が全然分からない、つーか出来ません。
とどめは倍速譜面。だけどここは覚えたら出来ると思います。初見はかなりビビったけどネw 最大コンボ802。意外にタベルナ2000より少ないのでちょっと驚きました。


**関連項目**
2000シリーズ第1弾「さいたま2000」の考察
2000シリーズ第2弾「ケチャドン2000」の考察。
2000シリーズ第3弾「恋文2000」の考察。
2000シリーズ第4弾「よくでる2000」の考察。
2000シリーズ第5弾「タベルナ2000」の考察。
2000シリーズ第7弾「十露盤2000」の考察。
2000シリーズ第8弾「てんぢく2000」の考察。
2000シリーズ第9弾「EkiBEN2000」の考察。
2000シリーズ第10弾「X-DAY2000」の考察。
スポンサーサイト
11:39  |  2000シリーズを語る  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■注意

4音節+2000は全くの偶然だとナムコが言ってたぞ。
saitama2000 |  2008.07.20(日) 14:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。