2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.01 (Wed)

2000シリーズ第3弾「恋文2000」の考察。

歌い出し「春の木漏れ日暖かく…」
2000シリーズとしてはちょっと異例。歌詞はその名の通り恋文のようなポエムで、歌うのではなくひたすら淡々と恋文を読み上げている感じ。ジャンルはロックでなかなかテンポの速い。歌詞は乙女っぽいので、ロックなんて合うのかよ、と思われがちだが意外にも結構マッチしている。
ここまで数多くの2000シリーズが発表されているワケですが、中でもこの恋文2000はまともな部類に入るんじゃないかと思いました。唯一それとなく意味が分かるみたいな。好きな人のために一生懸命恋文を読み上げるその姿は、感情もこもってて相手に好印象を与える勢い。ちなみに恋文を読み上げるは落合祐里香さん。透明感のある声がとても素敵です。
しかしそこで終わらないのがナムコさんのイイところw 恋文もいよいよ終盤を迎える。好きな人に捧げる素直な想い。。溢れてこぼれちゃいそうな気持ち。。『いつもそばにいてね ほんとうのきもちきいてね こぼれそうなおもいうけとめてね つないだてのなかにある ちいさなものを…』
『ずっと…ずっと…離さないでね』・・・そして『Dear My…』

『Sister』

・・・え(・∀・) しばらく呆気に取られる私。え、今なんて言いました?え、しすたぁ言いました?え、ちょっと・・・、え? ・・・とその当時の心境がこんな感じでした(え、ばっかり!)
ちなみに終盤に「Dear My Sister」という一言が入るということは、まず実際に曲を聞く以前にウィキを見て知ったのです。そうなんじゃー、とちょっと興味を抱く。そして5代目を購入後、隠し曲恋文2000が出現すると、私はまずプレイする前に曲だけを聞いてみる。どこであの一言がかかるんだろう・・・とドキドキしつつw そして最後の最後にあの一言を聞いた瞬間、「うおぉ!本当に言ったー!スゲー」と無駄喜びをしていたのは他でもない事実です(爆 恋文と言えど愛し方は様々なのですよね~。ちなみに私は同性愛もいいんじゃないかって思ってます。人間が誰を愛そうが自由なのでは?ただ強引に一方的に愛すのは良くないけどね。さてこの恋文を歌う彼女は両想いなのか否か、、私的には片想いだと思うんですよねー。いや、案外両想いだったりしてね。「想いは近づいてる」とか言ってるし・・・。まぁどちらにしろ彼女の強い想いは変わりないですね。2000シリーズの深い意味にも書きましたが、この恋文をそっくりそのまま男の子に渡したら、一気にときめいてくれそうな感じがします。この恋文の文章力、、お見事です(・∀・)


**関連項目**
2000シリーズ第1弾「さいたま2000」の考察
2000シリーズ第2弾「ケチャドン2000」の考察。
2000シリーズ第4弾「よくでる2000」の考察。
2000シリーズ第5弾「タベルナ2000」の考察。
2000シリーズ第6弾「きたさいたま2000」の考察。
2000シリーズ第7弾「十露盤2000」の考察。
2000シリーズ第8弾「てんぢく2000」の考察。
2000シリーズ第9弾「EkiBEN2000」の考察。
2000シリーズ第10弾「X-DAY2000」の考察。
スポンサーサイト
23:45  |  2000シリーズを語る  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。