2006年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.03 (Fri)

2000シリーズ第5弾「タベルナ2000」の考察。

「ただいま~」「いただきま~す」の順で帰って来たと同時に物を食べ始める太った男。帰って来たらまず手を洗わないとダメじゃない!とか言ってみたりなんかしちゃったりして(爆
当時では2000シリーズ最大の謎曲。そしてケチャドン2000と何かしらの共通点を感じる曲。ケチャドン同様に物語性を秘めており曲の詳細を一言で言えば、始めから終わりまでひたすら物を食べる、とにかく食べる。食べて食べて食べまくるな曲。電話が鳴っても、鳩時計が鳴っても、鼓動が鳴っても、彼は最後まで食べ続けました。彼にとって食事は最大の喜びとなり癒しとなるのでしょうね~。最後では満腹感いっぱいにバタッと倒れました。苦しみ倒れたのか、それともその反対か。。なんにせよ「食べ過ぎ」で倒れたのは事実w
ジャンルは不明。一定間隔に打つ土台となるメロディは、おそらく時計の針の音ではないかと。曲中に3度だけ流れる鳩時計の音。1回、2回、3回と鳴ることで、1時、2時、3時と時間の経過を表しているようです。しかし昼なのか夜中なのかはちょっと分からず。昼だったら学校帰りというのもあるし(でもあの声は明らかにおじさん?)夜中なら夜勤帰りってのもあるし、、有力なのは夜中?しかし夜中に食べることこそ偏食な気がしてならないです。でもこの男ならやりかねんか?!w 詳しい時間帯は謎です。
曲の中盤に差し掛かると突然黒電話らしき音が鳴ります。黒電話・・・ということは彼の住んでいる家はなかなか昔風味な家なのでしょうか?それはともかく、電話が鳴り食事中を邪魔されたことにより少々不機嫌になりがちな男。「なんだよ~」と言って席を立ち電話に出る。一体電話の内容はなんだったのでしょうか。「ナニ?!」みたいなことを言っていた気がするので、会社から「明日は休みなのが出勤になりました」とかそういう系かしらw
この箇所ですね。黒電話と共に心臓の鼓動のようなものが聞こえてくるのは。この部分は個人的に好きです。嵐の前の静けさ、という雰囲気が何気なく伝わってきて、このあと怒濤の複合譜面が出てくるよな~なんて(・∀・) よく言いますよね「人は悲しい時や心乱れている時に心臓の鼓動を聞くと安心する」と。それと同じで私もこの音を聞いたら何故か安心してしまいます。変でスミマセン。
鼓動と言えば終盤も。終盤に近づくにつれ、鼓動の速度もだんだんと速くなってまいります。プレイしてる側としては“緊張”が“焦り”に、もしくは“焦り”が“緊張”に変わる一瞬。そろそろフィナーレ。サタデー太鼓フィーバー風雲!バチお先生の合体譜面が襲い、カッとドンの不揃い譜面が襲い、そして・・・男は倒れて終了する。前の記事でも言いましたが、私は心臓発作で倒れたんじゃないかって一時期考えてました(爆
改めて言います。この曲、謎だらけで大好きです。ナムコさん何度も言うけど有り難う!十露盤2000もこんな感じなのかしら(´∀`(○〓殴


**関連項目**
2000シリーズ第1弾「さいたま2000」の考察
2000シリーズ第2弾「ケチャドン2000」の考察。
2000シリーズ第3弾「恋文2000」の考察。
2000シリーズ第4弾「よくでる2000」の考察。
2000シリーズ第6弾「きたさいたま2000」の考察。
2000シリーズ第7弾「十露盤2000」の考察。
2000シリーズ第8弾「てんぢく2000」の考察。
2000シリーズ第9弾「EkiBEN2000」の考察。
2000シリーズ第10弾「X-DAY2000」の考察。
スポンサーサイト
22:32  |  2000シリーズを語る  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。